当院で可能な日帰り手術

日帰り手術について

日帰り手術のメリット当クリニックでは、患者さまのつらい症状やお悩みをなるべく早く改善するために、可能な限り日帰り手術をおすすめしております。日帰り手術の対象となるのは、副鼻腔炎(ちくのう症)やアレルギー性鼻炎・中耳炎です。これらは全て、欧米では日帰り手術が当たり前です。しかし日本では、病院側の問題や、手術には入院が当たり前といった風潮から、日帰り手術が浸透していませんでした。

日帰り手術のメリット

社会復帰が早い

社会復帰が早い当クリニックで日帰り手術を行った方によると、社会復帰までの平均日数は3日。デスクワーク中心の仕事をされている方は、2~3日で普段通りの生活を送れます。通常の病院での入院は7〜10日ほどです。

負担が軽減される

アレルギー性鼻炎のレーザー手術・鼻内後鼻神経凍結術で約15分、最も時間を要する重症な慢性副鼻腔炎の手術でも2〜3時間ほどです。手術の拘束時間が短いため、患者さまの精神的・身体的負担を大幅に軽減できます。

入院費用も割安

日帰り手術のため、入院費が不要です。通常の病院の場合、鼻中隔・下甲介手術なら7~10日の入院が必要で、費用は10~15万円ほどになります。当クリニックの日帰り手術なら、料金は3万2000円~3万5000円です。
重症のアレルギー性鼻炎を治療する後鼻神経切断術や、重症副鼻腔炎など、全身麻酔が必要となる症例もありますが、それでも通常の一般的な病院に比べれば、入院費用を大幅に抑えられます。

対応可能な日帰り手術

病名 症状 手術内容 所用時間 麻酔
アレルギー性鼻炎 中等度以下のくしゃみ・鼻水・鼻詰まり ラジオ波下甲介焼灼術(レーザー手術) 15分 局所麻酔
アレルギー性鼻炎・鼻中隔弯曲症 中等度以上の鼻詰まり 鼻中隔矯正術・粘膜下下甲介切除術(鼻腔形態改善手術) 60分 局所麻酔
副鼻腔炎(中等度以下)  後鼻漏・嗅覚障害・頭痛など  内視鏡下副鼻腔手術(ESS)
※片側・軽度~中等度
 60~120分 局所麻酔
睡眠時無呼吸症候群 いびき 軟口蓋形成術(LAUP) 15分 局所麻酔
慢性中耳炎 難聴・耳漏 鼓膜形成術 60分 局所麻酔